台南地震でビルが倒壊、手抜き工事が原因か

震源の浅い地震で9つのビルが倒壊

[台湾、台南 (ロイター)] - 2月6日の早朝、大きな地震が台湾を襲い、少なくとも12人が亡くなった。その内のほとんどが17階建ての倒壊した複合ビルのアパートにおり、何人かは夜になっても建物の瓦礫の中で行方不明になっている、と政府の役人は述べている。

アメリカ地質調査所によると地震の震源地は台南の南西43キロメートル (27マイル) で、深さは23キロメートル (14マイル) だった。

17階建て複合ビルが倒壊

救助隊が生存者を捜索するにつれ、台南市の南にある17階建てのアパート「維冠金龍ビル」の構造について疑問が持ち上がっている。旧正月の休暇が始まった現地時間の午前4時頃、マグニチュード6.4の揺れが襲った瞬間、建物の床が折り重なるように倒壊したからだ。

生後10日の女の子を含む死亡者10人は、アパートの建物の中から見つかった。その赤ん坊は父親の腕の中で亡くなっているのが発見された、とメディアは伝えた。

救助隊は、瓦礫の中を捜すため油圧式はしごとクレーンに登り、生存者を安全な場所へと救出。100人以上がそのまま病院へ搬送されたが、多くは軽傷ですぐに退院できた。

18歳の男性が、暗くなったすぐあとに、生きていて意識がある状態で発見された。救助隊は彼を自由にするため、尽力していた。その一方で、30歳の女性と9才の少女、そして一人の男の子の幼児が、生きている状態で救出された、と台湾テレビは述べた。

次ページ巨大都市を襲った惨劇
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。