台南地震でビルが倒壊、手抜き工事が原因か

震源の浅い地震で9つのビルが倒壊

[台湾、台南 (ロイター)] - 2月6日の早朝、大きな地震が台湾を襲い、少なくとも12人が亡くなった。その内のほとんどが17階建ての倒壊した複合ビルのアパートにおり、何人かは夜になっても建物の瓦礫の中で行方不明になっている、と政府の役人は述べている。

アメリカ地質調査所によると地震の震源地は台南の南西43キロメートル (27マイル) で、深さは23キロメートル (14マイル) だった。

17階建て複合ビルが倒壊

救助隊が生存者を捜索するにつれ、台南市の南にある17階建てのアパート「維冠金龍ビル」の構造について疑問が持ち上がっている。旧正月の休暇が始まった現地時間の午前4時頃、マグニチュード6.4の揺れが襲った瞬間、建物の床が折り重なるように倒壊したからだ。

生後10日の女の子を含む死亡者10人は、アパートの建物の中から見つかった。その赤ん坊は父親の腕の中で亡くなっているのが発見された、とメディアは伝えた。

救助隊は、瓦礫の中を捜すため油圧式はしごとクレーンに登り、生存者を安全な場所へと救出。100人以上がそのまま病院へ搬送されたが、多くは軽傷ですぐに退院できた。

18歳の男性が、暗くなったすぐあとに、生きていて意識がある状態で発見された。救助隊は彼を自由にするため、尽力していた。その一方で、30歳の女性と9才の少女、そして一人の男の子の幼児が、生きている状態で救出された、と台湾テレビは述べた。

次ページ巨大都市を襲った惨劇
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。