台湾は中国とどう付き合っていくのか

理想と現実の間には大きなギャップ

"一つの中国”に、台湾人民は「ノー」を突き付けた(写真:cfc14560/PIXTA)

8年にわたる雌伏の時を経ての圧勝だった。

1月16日に実施された台湾の総統選挙で、最大野党・民主進歩党(民進党)の蔡英文主席(59)が、対立する与党・中国国民党(国民党)の朱立倫主席(54)に、300万票の大差をつけて勝利。8年ぶりの政権交代へとこぎ着けた。

民意は"一つの中国"に反対

同日に実施された定数113の立法院(国会)選挙でも、民進党が68議席と過半数を獲得した一方、国民党は35議席とほぼ半減。民進党が立法院で過半数を制するのは初めてのことだ。蔡氏は、就任する5月20日に、安定政権として出発できる。

今回の選挙ではっきりしたのは、「“一つの中国”には反対だという民意」(民進党関係者)だ。中国との関係を強化し、経済浮揚につなげようとした現在の馬英九政権に、台湾人民は「ノー」を突き付けた。とはいえ、蔡氏が馬総統を超えるほどの有効な経済政策を打ち出せるかは、現段階でははっきりしない。

台湾にとって中国は最大の貿易相手国。特に輸出依存度は30%程度にも達している。実は、民進党の陳水扁政権時代から、対中輸出は増加傾向にあった。馬政権時代の2010年、中国とのFTA(自由貿易協定)となる「ECFA」(両岸経済協力枠組み協定)を締結、中台はさらに結び付きを強めた。

次ページ「中国脅威論」が台頭してきた理由
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT