山田洋次監督の喜劇映画は、なぜ笑えるのか

「家族はつらいよ」の制作秘話

――20年以上という年月に、渥美清さんの存在の大きさがうかがい知れます。

渥美さんという偉大な俳優さんと巡り会ったことはもちろんすばらしいことですが、一方でものすごく大変な面もありました。この時代に喜劇をやるなら誰なんだということです。なかなかこの人だ、というところまでは至らなかった。結果として20年が経ってしまいました。

『男はつらいよ』が終わり、ほかの作品のシナリオを執筆中も、『こんな時に寅だったらこんなことを言うだろう』という言葉が出てくる。そういう意味では念願がかなった、ということです。

劇場ではお客さんが大笑い

深澤宏(ふかさわ ひろし)/1959年生まれ。1982年松竹株式会社に入社。テレビ部、映画製作部、松竹映像株式会社、映像企画部映画企画室長等を経て、現在、株式会社松竹撮影所 常務取締役。『男はつらいよ』シリーズをはじめ、『学校』シリーズ、『キネマの天地』『息子』『虹をつかむ男』『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』『武士の一分』『母べえ』『おとうと』『東京家族』『小さいおうち』など山田洋次監督作品を数多く担当。ほかにも『釣りバカ日誌』シリーズ、「超高速!参勤交代」なども手がける。最新作は黒沢清監督の『クリーピー』

――山田監督が、小津安二郎の『東京物語』をモチーフに制作した『東京家族』はシリアスなドラマでしたが、今回はあの映画に登場した家族をコメディーとして再構築しようというアイデアに驚いたのですが。

『東京家族』の撮影現場に、お茶を飲んだり休んだりするテーブルがあるのですが、そこでの8人の会話がとても面白かった。『東京家族』はシリアスな作品ですが、休憩中のみんなの会話は笑いが絶えない感じで。時には山田監督も一緒になって大笑いをしていた。8人が非常に仲良くなって、『山田監督、今度は「爆笑家族」「崩壊家族」というタイトルで撮りましょうよ』なんて、冗談を言い合って盛り上がっていたんです。

撮影現場(c)2016「家族はつらいよ」製作委員会

――そんな冗談が現実になった。

それが山田監督の頭にずっと残ってらっしゃっていたんでしょう。次回作についての話を2人でしている時、当初は喜劇ではなかったんですが、撮影中に聞いた蒼井優さんの友人の身に起こった熟年離婚のエピソードを思い出して、この話でいけるんじゃないかということになりました。そして俳優さんにお声がけしたところ、皆さんも喜んでくださって、今回に至ったということです。

次ページ喜劇作家としての資質とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT