高倉健の「鉄道映画」は、不朽の名作ばかりだ

一周忌に振り返る「あの映画のあの名場面」

映画「大いなる旅路」のPR看板

2014年11月に逝去した映画俳優高倉健さん。多くの任侠映画、アクション映画に出演してきたが、鉄道映画にも数多く出演してきたことを知る人は意外に少ない。

私が初めて健さんの映画を見たのは1960年、中学生の時に見た「大いなる旅路」(東映/関川秀雄監督)で、これは国鉄マンの一生を描いた鉄道ドラマだった。健さんが機関士役の三國連太郎の次男として国鉄に入り、特急「こだま」の運転士になるというストーリーで、ラストシーンでは白手袋姿で颯爽と「こだま」を運転する健さんの姿があった。

出演作に数多くの鉄道名場面

この当時の健さんはまだ脇役での出演が多かったが、健さんが初主演に抜擢された「網走番外地」(1965年/石井輝男監督)は文字通り大ヒット作で、高倉健が一躍クローズアップされた作品だった。この映画は網走刑務所を脱獄して手錠のまま逃亡を続ける2人の囚人の物語。吹雪の北海道の森林鉄道でのトロッコ列車での追跡シーンや、繋がれた手錠をSLの通過で切断するという衝撃的なシーンは今も同シリーズの名場面として語り継がれている。

そして健さん主演の本格的な鉄道サスペンス映画の傑作「新幹線大爆破」(1975年佐藤純彌監督)に繋がる。テーマがテーマだけに当時の国鉄は全面非協力、爆破シーンの0系の精密なミニチュアや車内、中央指令所などはセット撮影で行われた。健さんのクールなキャラクターと共にこの映画も大ヒット、特に新幹線とライバル関係にあったフランスでは「好評」を博したという。

次ページ「駅 STATION」では銭函駅が撮影の舞台
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。