高倉健の「鉄道映画」は、不朽の名作ばかりだ

一周忌に振り返る「あの映画のあの名場面」

映画「大いなる旅路」のPR看板

2014年11月に逝去した映画俳優高倉健さん。多くの任侠映画、アクション映画に出演してきたが、鉄道映画にも数多く出演してきたことを知る人は意外に少ない。

私が初めて健さんの映画を見たのは1960年、中学生の時に見た「大いなる旅路」(東映/関川秀雄監督)で、これは国鉄マンの一生を描いた鉄道ドラマだった。健さんが機関士役の三國連太郎の次男として国鉄に入り、特急「こだま」の運転士になるというストーリーで、ラストシーンでは白手袋姿で颯爽と「こだま」を運転する健さんの姿があった。

出演作に数多くの鉄道名場面

この当時の健さんはまだ脇役での出演が多かったが、健さんが初主演に抜擢された「網走番外地」(1965年/石井輝男監督)は文字通り大ヒット作で、高倉健が一躍クローズアップされた作品だった。この映画は網走刑務所を脱獄して手錠のまま逃亡を続ける2人の囚人の物語。吹雪の北海道の森林鉄道でのトロッコ列車での追跡シーンや、繋がれた手錠をSLの通過で切断するという衝撃的なシーンは今も同シリーズの名場面として語り継がれている。

そして健さん主演の本格的な鉄道サスペンス映画の傑作「新幹線大爆破」(1975年佐藤純彌監督)に繋がる。テーマがテーマだけに当時の国鉄は全面非協力、爆破シーンの0系の精密なミニチュアや車内、中央指令所などはセット撮影で行われた。健さんのクールなキャラクターと共にこの映画も大ヒット、特に新幹線とライバル関係にあったフランスでは「好評」を博したという。

次ページ「駅 STATION」では銭函駅が撮影の舞台
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT