山田洋次監督の喜劇映画は、なぜ笑えるのか

「家族はつらいよ」の制作秘話

――一般のお客さん向けの試写会に伺ったら、お客さんが大笑いをしていて、『男はつらいよ』が上映されていた劇場のような雰囲気でした。山田監督の喜劇作家としての資質はどのようなところにあると感じていますか?

山田監督は幼い頃にいた満州の家に落語全集があって、それをずっと読みふけっていたそうです。しかし、引き揚げの時にその全集を持ち帰ることができなかった。それを悔やんでいたらしくて、日本に戻ってきてから方々探してようやく手に入れたという話を聞いたことがあります。つまり、少年の頃からそういうものに興味があったということでしょうね。それから監督になって、素晴らしい喜劇俳優さんに恵まれたということもあります。渥美清さんの前には、ハナ肇さんがいたわけですし、西田敏行さんもそうです。そういう方たちとの縁は大きかったと思いますね。

役者との対話から新しいせりふを生み出す

リハーサルを非常に大事にしている(c)2016「家族はつらいよ」製作委員会

――山田監督の現場での演出はどのような感じなのでしょうか?

山田監督が書いたシナリオがありますので当然、そのシナリオをもとに俳優さんが演じるわけですが、テストを重ねる中でこうしゃべったら、こういうふうに動いたらもっと面白くなるのでは? といったアイデアがどんどん出てくるんです。人間に対する観察力みたいなものが非常に優れていると思います。だから監督は、撮影前の本読みやリハーサルというものを非常に大事にしています。俳優さんと話すことによって、そのキャラクターを作り上げていく。そういう技術はやはり長年やってきたからできるのだと思います。

――山田監督は、最初の台本にこだわらずに、せりふなどもどんどん変えていくタイプですか?

その場で変えることも多かったですね。撮影当日に撮るシーンの号外(各シーンの台本修正)が配られることもしばしばでした。それを台本に貼り付けていくんですが、終わる頃には台本が倍くらいに膨らんでいたこともありましたね(笑)。

――突然の変更ということで、現場も大変だったのでは?

山田監督は、せりふをその場で変えることも(c)2016「家族はつらいよ」製作委員会

そうですね。新たに小道具を用意しなければいけない場合もありますし、俳優さんによっては、まったく違うせりふを覚え直さないといけないこともある。ものすごく冷や汗をかいている方もいましたね。それでも山田監督は、どういうせりふを言えば楽しくなるか、どういう動きをしてもらったら楽しくなるかということを本当に撮影のギリギリまで考えていらっしゃる。僕は山田監督と知り合ってから30年以上経ちますが、いまもそうですね。そういう熱意はまったく今も昔も変わらないです。

――山田監督の情熱の源はどこにあるのだと思いますか? もちろん映画がお好きだということはあると思いますが。

映画が好きだという気持ちは当然だと思うんですよ。そういう気持ちがなければ何もできないですから。それから好奇心が非常に旺盛ですね。たとえば僕たちが雑談で話したことであっても、ちょっとでも山田監督のアンテナに引っかかると、詳しく質問してくるんですよ。『それはどういうこと?』『その時には、君はどう言ったの?』といった感じで(笑)。

次ページ頭に蓄えられた話がシナリオに生かされる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT