密着!「意識高い系」が励む爆裂トレーニング

身体を鍛える!東京ファイトクラブ<1>

日々スポーツを通じて自己研鑽に励み、自身の限界に挑む東京人がいる
今年8月にはリオデジャネイロオリンピックを控え、フィットネスやスポーツイベントへの関心が日に日に高まっている今日この頃。強い精神力と健康な身体、信念、人脈、自ら道を切り開いていける力がなければ、競争の激しい都会で生き抜くことは出来ない。アスリートの精神論が語られる中、日々スポーツを通じて自己研鑽に励み、自身の限界に挑む東京人がいる。「ライバルは、自分自身」―コンクリートジャングルの喧騒の中で、彼らが抱く信念や挑む壁とは。
全6回でお送りする、「東京ファイトクラブ」――いざ、開幕。

 

Episode 1: 下藤ビクトル明生

◆6:00AM

目覚まし時計に叩き起こされ、眠気眼で一日の始まりに溜め息をつく暇は、下藤ビクトル明生には無い。1時間後にはクロスフィットのトレーニングが待っている。

昨日よりも今日、誰よりも、1秒でも、早く

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

クロスフィットとは、2007年に米国を発祥に、多くの警察学校や軍隊の特殊部隊、トップアスリートの主要なストレングス&コンディショニングプログラムとして取り入れられたトレーニングで、専属トレーナーが1時間の日替わりメニューを組み立て、グループでトレーニングを行うのが特徴だ。

「クロスフィットのいいところはすぐに結果が出るところ。2年前に始めたのですが、最初の2か月半で12kg落としました。ボディビルのように、見せる為の筋肉ではなく、どんな状況にも対応出来る総合的な身体能力を養うものです。限られた時間内にいかに重いものを持ち、いかに早く回数を回すか、常に自分の限界に挑戦します」

次ページクロスフィットとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT