一流プロ野球選手の調整はここまで徹底する

42歳の三浦大輔はいかに調子を高めるのか

若手選手が昼食をとる時間に、井口、サブローとともにフリー打撃をするのだが、その練習方法は一風変わっていた。福浦は左バッターボックスからはみ出るほど外側に立ち、打撃投手が真ん中を目がけて投げるボールに対して強く踏み込み、左中間方向に鋭い打球を連発していた。福浦にその意図を聞いた。

反対方向に「引っ張る」意識で磨かれる打球技術

「今は反対方向(左打者の場合は左方向)に強い打球を打つという意識をもってやっています。シーズン中もやっていますけど、今ほどは(ホームベースから)離れないですね。意識的に離れて、踏み込みながらレフトに引っ張って、強い打球を打つことを心掛けています。下半身をしっかり使って、120パーセントの力で振って、いかにバランスよく、ミスショットを少なくしていくか。そんなことを重視しています」

一般的に「引っ張る」打球とは、右打者なら左方向、左打者なら右方向への打球を指すが、左打者の福浦は逆方向の左に「引っ張る」意識をもっているという。過去に6年連続で打率3割を記録した福浦の打撃技術は、このような意識で磨かれていたのだ。

ほかにも、ティーバッティングでは「近い距離は好きじゃないから」とトスを上げるパートナーとの距離を大きく離して行ない、また「バランスを取るため」と右打席でもスイングするなど、随所にこだわりが感じられた。バットマンとしての金字塔である通算2000本安打まであと88本に迫る福浦は、独自の別メニュー調整で着々と準備を進めている。

プロという世界は、結果を残した者だけが礼賛される世界。毎日10キロ走り込みをしたから150キロの球を投げられるわけではないし、毎日1000スイングしたからホームランが打てると保証されるわけではない。だからこそ、プロ野球選手は自分だけの方法論を確立して、年間通して戦えるだけの技術と体力を身に付けていく。

3月25日に迎えるプロ野球の開幕戦では、そんなプロフェッショナルたちの「調整力」にも思いを馳せながら、思う存分プレーを味わってほしい。

(敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT