台湾地震、倒壊マンションが発した「赤信号」

銀行は危ない建物であることを知っていた

 2月7日、台湾南部で6日発生した地震で倒壊した高層マンションの14階に住んでいた若い夫婦は、以前から同マンションの安全性が疑わしいという手掛かりを得ていた。6日撮影(2016年 ロイター)

[台南(台湾) 7日 ロイター] - 台湾南部で6日発生した地震で倒壊した高層マンションの14階に住んでいた若い夫婦は、以前から同マンションの安全性が疑わしいという手掛かりを得ていた。

だがそれも、今となっては手遅れとなってしまった。

銀行は警戒していた

Chen Yi-tingさん(35)と夫のLin Wu-chongさん(38)は5年前、台南市の中心部にあるこの17階建てマンションの1室を購入したが、住宅ローンを借りる際にちょっとした問題が起きた。最初に訪れた銀行では、理由も告げられずにローン申請を断られた。結局はローンの組める別の金融機関を見つけることができ、夫妻は幼い娘と一緒にマンションに移り住んだ。

だがChenさんの母親によると、建築がずさんなため、同マンションに入居する人からのローン申請は却下する方針であったと、最初の銀行と関係がある夫妻の友人の一人がまもなくして教えてくれたという。

現在、夫妻は市内の別々の病院で集中治療を受けている。Chenさんは頭がい骨にひびが入り、Linさんは肺を損傷した。

2人の7歳になる娘は帰らぬ人となった。

「彼らのように市外から移り住んできた人たちには、以前に何が起きていたか見当もつかない」と、Chenさんの母親は集中治療室の外で待つ間に語った。

「最初のデベロッパーが倒産して、次の業者が建物を完成させたことなど、当初は知る由もなかった。彼らが知ったのは、契約書にサインした後だった」

次ページ全壊した高層ビルはこのマンションだけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT