台湾地震、倒壊マンションが発した「赤信号」

銀行は危ない建物であることを知っていた

6日未明にマグニチュード(M)6.4の地震が発生してから、救出活動の現場は主にこの築20年のマンションだ。同マンションで少なくとも24人の死亡が確認され、今なお100人以上ががれきの下に取り残されている。

人口約200万人の台南市で、全壊した主な高層ビルはこのマンションだけだ。

61歳の母親は、地震が起きる以前から、マンションの住民が壁のタイルのはがれやエレベーターの不調、パイプの詰まりといったような数々の問題について、ずっと不満を訴えていたと話す。

Chenさん夫妻は350万台湾ドル(約1230万円)でマンションを購入した。

「私たちは単純だから、(最初にローンを断られても)何か他に理由があるとは考えなかった」と、母親は語る。

壁から食用油の缶

台南市は、同マンションが合法的に建築許可を取得しており、今回よりもはるかに破壊的だった1999年の地震に耐えられたとしている。台湾中部を震源とする同地震では、2400人が死亡し、同国全土に被害をもたらした。

「市の記録では、(マンションに)何も問題ない」と、台南市公共事業部門の当局者は語った。

マンション倒壊の調査を台南市から依頼された建築家、Hsu Yin-hsuanさんは、同市が99年の地震の後に、今後の地震対策として市庁舎を強化するために費用を投じたが、「民間所有の建物には同じことは起こらなかった」と指摘する。

市の記録によると、同マンションは92年に建築許可を得て、2年後に完成した。

建設に携わった主な2つの建設業者は倒産している。

ロイターは倒壊現場で、壁のなかに大きな長方形の食用油の缶が詰め込まれているのを目にした。建築材料として使われていたものとみられる。

99年の地震でも、台湾各地の一部の建物で、食用油の缶が壁内の詰め物として使われていたことが明らかとなっていた。

台南市の頼清徳市長は、検察当局に調査するよう求めたほか、マンション構造を調べるため土木技師を3チーム雇ったとし、「完了したら、責任のあるべき人を処罰する」と語った。

同マンションを建設中から知っているという隣に住む70歳の女性は、近所の人たちといつもその出来栄えに疑念を抱いていたと話す。

「出来上がったとき、外部から来る人しか買わないだろうと見て思った。地元の人は絶対に買わないとね」

(Yimou Lee記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。