『日本の難点』を書いた宮台真司氏(社会学者、評論家、首都大学東京教授)に聞く

『日本の難点』を書いた宮台真司氏(社会学者、評論家、首都大学東京教授)に聞く

社会学の先端の成果を踏まえた硬派の「現代を知り、考える書」が広く読まれている。「社会のデタラメさを自覚したうえで、現実にコミットメント(深い関わり)せよ」と説く、その急所(クリティカルポイント)中の急所を聞いた。

--売れ行き好調の理由を自己診断してください。

広告戦略が功を奏しているのは間違いないが、ニーズにマッチしているのだろう。

自分自身の置かれている逆境を理解することに対する関心が高まっている。娯楽や暇つぶしにしかならないものは横において、なぜいま自分たちはこういう状況にあるのか、を知りたい。それは大学の、あるいは私塾の学生をみてもそう思える。

確かに勉強ブームの一環といえるが、昔のように、お勉強自体が好きなので知識で楽しく遊ぼう、というのではない。むしろ理不尽のよってきたる所以を理解しようとする。

本の出版時期について強い要求を出して4月中にとお願いをした。総選挙のあとの刊行はキツいなということで。選挙の前なら、価値観の物差しに関心が向く。そういうことの評価にはこういう物差しを使ったらどうかと言いやすい。

--最近は売れる著者が集中する傾向があります。

たとえば人の名前で引っ張るタイプの本は、自分に自信がない人が読む本。自分で評価する自信がなければこの著者はいいという評判を頼るしかない。投資と同じだ。判断する能力のある人はデータをみて自らどうするか決めるが、多くの投資家は評判に頼る。それもブランドだ。これと同じことが生じている。

いまTVでもラジオでも、NHKの視聴率、聴取率が上がっていく動きでわかるように、“本物ぽい”ものが探されている。もちろんNHKもブランドでないか、宮台真司もブランドではないかといわれればそのとおりだが、人々のブランドに対する要求の形が変わってきている。 

--全体的には売れる本が少なくなり、出版界は衰退の危機にあります。

マスメディアが生き残るには二つの方法しかない。一つは、マーケットセグメントをきちんとしたうえで、高額所得者向けの媒体に仕立て上げていく。これによってスポンサーにインセンティブを与えることができる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT