"天職難民"になる人には7つの特徴があった

あなたも当てはまっていませんか?

“天職”を探り続けて年を重ねてしまった…そんな難民から抜け出したいですね(写真 :elwynn / PIXTA)
働く人なら誰しも自分にぴったりと合う職業、“天職”と出会いたいもの。しかし世の中にはそんな天職を見つけられる人がいる一方で、ずっと自分の天職を探り続けながら年を重ねてしまう“天職難民”も多くいます。
そこで今回は、「天職とは、得意なやり方でできて、かつ、心が喜ぶ仕事のこと」と語る天職コンサルタントの梅田幸子さんに、天職難民に共通する特徴と、天職を見つけるための方法について伺います。

天職がなかなか見つからない人に共通する7つの特徴

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です

梅田さんによれば、天職難民には主に7つの共通する特徴があるそうです。

1. 「消費者としての好き」と「仕事としての好き」を混同している

テレビが好きだからテレビ局や制作会社、スポーツが好きだからスポーツメーカー、珈琲が好きだからカフェオーナーなど、よく好きなことやものと仕事を直接的に結びつけて天職と考えがちですが、好きなことに関わる仕事が必ずしも天職になるとは限らないと梅田さんは言います。

「テレビを見るのが好きであることと、企画・構成・リサーチ・キャスティング・シナリオ作成・備品やお弁当の手配・取材撮影交渉・撮影・編集といったテレビ番組制作の業務は、まったくの別物。消費者としての好きと、仕事としての天職は異なるので、そこを混同すると仕事が務まらないのです」

2.「知識」は多いが、「体験」が少ない

「天職がなかなか見つからない人には、『真面目で勉強熱心』という特徴がある」と梅田さん。しかし、頭で学ぶこととそれを実際に行動に移すことの間には、大きな違いがあるのだそうです。

「本を読んだり、ネット情報を収集したり、スクールやセミナーに通ったりと学びに対して真剣に取り組みますが、行動に移さないため、『わかった』と『できる』の溝を埋めることができません。また、体験量が少ないということは、好きか・嫌いかを判断する材料が少ないということです。そのため、『したいことがわからない』状態に陥るのです」

次ページ特徴3~5はこれ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。