ホルモン力が人生を変える 堀江重郎著

ホルモン力が人生を変える 堀江重郎著

男性ホルモンというと、精力絶倫とか、強烈なセックスアピールなどを想像しがち。間違いではないが、それだけでなく、肉体的にも精神的にも、人体にさまざまな影響を及ぼしている。男性ホルモンの高い人は、経済的な合理的ルールを顧みない可能性がある。低下すると、性欲の減退やEDだけでなく、男性更年期の症状を招き、あるいは心筋梗塞や脳梗塞、生活習慣病などのリスクも高まる。

本書では、食事療法や運動、メンタルストレスのケアの仕方など、男性ホルモンを高めるための多くの方法が紹介されている。医学博士である著者は、メンズヘルスの立場から、こうした方法論を男性のアンチエイジングだと説いている。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。