色と欲で破綻した63歳男がつづる底なしの不幸

「ボダ子」を書いた作家の赤松利市氏に聞く

「欲と色にまみれて破滅していく人間が自分のテーマ」と語る赤松氏(撮影:尾形文繁)

娘の精神障害、会社倒産、東日本大震災……。落ちていく、底なしの穴を落ちていく男を描いた小説。そこに「なぜ?」は存在しない。物語は著者の人生そのものだ。63歳、1人の新人作家がその筆力をもって、読者を救いのない汚穢(おわい)に満ちた世界へと導く。『ボダ子』を書いた作家 の赤松利市氏に聞いた。

──帯にある文言の一部「あらゆる共感を拒絶する、極限」、まさにそのものでした。

自分都合のド腐れ畜生な生きざま、主人公の大西浩平は100%私です。彼の経歴はそのまま私の経歴です。

理数系ながら本好きが高じて大学は文学部へ進学。新卒で入社したのが大手消費者金融でした。父がその会社のオーナーと同窓で、「おまえの息子預けないか?」と。私は嫌だ言うた。それを酒場でぼやいたら、周りが寄ってたかって「バカかおまえは。サラ金はこれからの成長産業やぞ」と。「ほんなら入りますわ」。決めました。

──浩平の父は芝生の病害に関する権威、という設定ですが。

実際、私の父は世界的な植物病理学者でした。植物の後天的抵抗力を世界で初めて立証した人間です。2年間家族でアメリカに招かれ、帰国したのが11歳のとき。だから私、一応帰国子女です(笑)。

──会社では若手筆頭株の活躍を。

27歳で支店長になり、その後営業企画本部で半年間、株式上場に向けた社内規定作りを朝9時から翌朝4時まで連日ぶっとおし。A4×2000枚超。膨大な作業を前に、逆に火が付きましたね。常軌を逸していた。半年後、家に帰ったら嫁さんはいなかった。それで心も体ももう何か壊れちゃってね。それともう1つ、5人チームのうち4人、私以外全員を病院送りにしましたので。最後の1人は精神病院。30歳で会社辞めました。

──でもそこから、さらに辣腕ぶりを発揮する。

次ページ境界性パーソナリティー障害、娘は自分の犠牲者だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。