ディズニーの新人キャストが15分で悟る本質

この「育て方」はどんな職場でも応用できる

アルバイトの研修風景。新人キャストは3日で現場に出る(撮影:今井 康一、写真は2012年10月)

春休み真っただ中。読者の皆さんの中で「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のいずれか、ないしは両方を訪れているという人もいるでしょう。1度でもディズニーランドやディズニーシーへ行ったことがある人なら、そこで働いているキャスト(スタッフ)を見て、「どうしてあんなに楽しそうに、前向きに働けるんだろう」と思ったことはありませんか?

結論から言いましょう。どんな職場でも、ちょっとしたコツさえ押さえれば、メンバーをディズニーキャストのような人たちに変身させることができます。みんなのモチベーションが高まり、成果が上がり、チームとしてより輝くことができるようになるのです。

私は、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドに17年間勤め、人材トレーナーとして10万人以上のキャストを指導してきました。実は、キャストたちは、たった3日の研修で表舞台にデビューします。

普通の学生や主婦がいかにして、ディズニーキャストになっていくのか。拙著『3日で変わるディズニー流の育て方』にも詳しくまとめていますが、ディズニーには、単に褒める、しかるだけではない、「魔法の育て方」が存在します。

メンバーが担うべき、本来の「役割」を伝える

ディズニーの教育では、キャストに本来の役割を理解してもらうため、努力と工夫を惜しみません。

私が新入社員の頃に実施され、いまだに忘れられないOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)があります。

それは開園時に「パートナーズ像の前に15分間立っている」というものです。東京ディズニーランドのワールドバザールの大屋根をくぐると、目の前にシンデレラ城が見えてきます。その正面に立っているのが、ウォルト・ディズニーとミッキーマウスの「パートナーズ像」です。

ある日、トレーナーの先輩は、開園直前に私をその像の前に連れて行きました。そしてそこでなにもしゃべらず、ただゲストがこれから来園するであろう入場ゲートの方角を見つめています。私は不思議に思いながらも先輩の横に立ち、ただただ同じ方向を見ていました。

朝8時。ゲートが開くと、さっそくゲストがこちらに向かって足早に歩いてきました。

次ページ「それがあなたの仕事です」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。