その症状は花粉症の皮膚炎かもしれません

目や鼻に症状がなくても発症するケースも

花粉症皮膚炎になってしまったら、まずは花粉を浴びない工夫をすることが大切です。マスクをして出かける、衣類は花粉の付着しにくいもの(フワフワしたものよりはツルッとした素材)にする、部屋に入るときに衣類をはたいて花粉を落とす、洗濯物は外に干さない、など、通常の花粉症と同じ対策をします。

化粧水の重ねづけはNG

次にスキンケアです。花粉症皮膚炎を起こした肌は敏感になるので、スキンケアは敏感肌用のものにして、また、使うアイテムの数を減らしてシンプルにします。洗顔後につけるものは、保湿美容液一本にするとよいでしょう。乾燥するからと、化粧水を何度も重ねづけするなどは、かえって刺激になるのでNG。保湿美容液をたっぷりと、肌にのせるようにつけたら、あとは触らないようにしましょう。
メイクはリキッドよりもパウダー系のファンデーションが肌にやさしいので、そちらがおすすめです。クレンジングはリキッドやオイルタイプでなく、クリームかジェルタイプのものを選び、こすらないようにそっと落としましょう。

どうしてもかゆくなってかいてしまう場合や、水がしみたりする場合には皮膚科を受診したほうがよいでしょう。一般には、抗アレルギー剤の内服や、ステロイドの塗り薬を使って治療します。

アレルギー性の病気は、体調にも影響されます。早寝早起きをして、バランスよい食事をとるなど、普段の健康管理が、症状をひどくしないために大切です。いつ誰が発症してもおかしくないのが花粉症です。他人事と決めつけずに、疑わしい場合は早めの対処をしましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT