女ことばと日本語 中村桃子著

女ことばと日本語 中村桃子著

日本語には、なぜ「女ことば」があるのか。一般的には女性が男性と違う女らしい言葉を使ってきたので、それが女ことばになったと考えられているが、著者によればそれほど単純にでき上がったものではないらしい。そもそも人が言葉を使うときは、男女の区別なく時と場合に応じて使い分けるのが普通だし、方言に男女の違いはない。

多様な女性の言葉遣いがどのようにして女ことばとしてまとめられていったのか。鎌倉時代から第2次世界大戦後までのさまざまな文献の女ことばに関する記述をたどりながら、その形成過程を追う。女の言葉遣いが女性らしさの規範となり日本語の伝統となっていった、政治的・経済的な背景が探られる。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。