女ことばと日本語 中村桃子著

女ことばと日本語 中村桃子著

日本語には、なぜ「女ことば」があるのか。一般的には女性が男性と違う女らしい言葉を使ってきたので、それが女ことばになったと考えられているが、著者によればそれほど単純にでき上がったものではないらしい。そもそも人が言葉を使うときは、男女の区別なく時と場合に応じて使い分けるのが普通だし、方言に男女の違いはない。

多様な女性の言葉遣いがどのようにして女ことばとしてまとめられていったのか。鎌倉時代から第2次世界大戦後までのさまざまな文献の女ことばに関する記述をたどりながら、その形成過程を追う。女の言葉遣いが女性らしさの規範となり日本語の伝統となっていった、政治的・経済的な背景が探られる。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。