植物はすごい 生き残りをかけたしくみと工夫 田中 修著

植物はすごい 生き残りをかけたしくみと工夫 田中 修著

植物は動けず、声も上げず、ごく控えめな生き物のようだが、実はそうではない。ひとたび、その世界に踏み入れば、知られざる驚異の生態が目白押しなのだ。
 虫にかじられた葉から病原菌が入るのを防ぐために、かさぶたを作るタラヨウの葉。ほかの
動物に捕食されないために、毒を持つ植物に擬態するニラやフクジュソウ、ヨモギ。寄生した木の栄養を吸い尽くし、やがて枯らしてしまうシメゴロシノキ。文字どおり「根も葉もない」、寄生植物ネナシカズラ。さらには一枚の葉から、芽や根が出て立派な親木にまで成長するセイロンベンケイソウ……。

植物生理学者が、植物が生きるために培ってきたさまざまな能力を紹介する。

中公新書 882円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。