数学による思考のレッスン 栗田哲也著

数学による思考のレッスン 栗田哲也著

考える力の精髄は、「論理性ではなく、想像力にある」と著者は言う。「比喩を使った類推」や「存在しないものを思い浮かべ仮定する」割合が圧倒的に高いからだ。

その想像力は、数学の歯応えのある問題を解くことで養われる。多くの数学五輪メダリストを育ててきた体験から、優れた知性に共通して備わる資質として想像力があるという。数学は公理から導かれる体系としての側面があり、体系の導出過程自体はアイデアによって先人が編み出したもの。つまり、数学をきちんと学習すれば、理解と反復の過程で思考力の鍛錬を追体験できることになる。

学校教育では学べないトップレベルの「思考の奥義」へと誘う。

ちくま新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。