大停電を回避せよ! 夏目幸明著

大停電を回避せよ! 夏目幸明著

大停電(ブラックアウト)だけは絶対に避けなければならない。少なくとも電力会社はみなそう考えているが、それがメディアで取り上げられることはめったにない。フリージャーナリストの著者は、執拗に取材を重ねて発電の第一線で働く人たちの体験や意見を、オフレコの部分まであえて記していく。中部電力の老朽火力(武豊二号)が解体目前から再稼働へと駆り出され予備率ぎりぎりを乗り切った話が、地味だが看過するわけにいかない、大停電を考える格好の素材としてまず登場する。

原発や火力に携わる人たちの本音が伝わってくる一方で、自然エネルギーの厳しい実情もリポートされる。太陽光発電が増えるほど大停電のリスクは高まるという指摘は原発ゼロとどう折り合いがつくのか、高コストと併せ理想論では済まない難しい現実がある。終章は原発安全対策を進める現場の熱い報告。稼働と廃炉のいずれになろうとも安全確保は優先される課題として貴重である。(純)

PHP研究所 1470円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?