大停電を回避せよ! 夏目幸明著

大停電を回避せよ! 夏目幸明著

大停電(ブラックアウト)だけは絶対に避けなければならない。少なくとも電力会社はみなそう考えているが、それがメディアで取り上げられることはめったにない。フリージャーナリストの著者は、執拗に取材を重ねて発電の第一線で働く人たちの体験や意見を、オフレコの部分まであえて記していく。中部電力の老朽火力(武豊二号)が解体目前から再稼働へと駆り出され予備率ぎりぎりを乗り切った話が、地味だが看過するわけにいかない、大停電を考える格好の素材としてまず登場する。

原発や火力に携わる人たちの本音が伝わってくる一方で、自然エネルギーの厳しい実情もリポートされる。太陽光発電が増えるほど大停電のリスクは高まるという指摘は原発ゼロとどう折り合いがつくのか、高コストと併せ理想論では済まない難しい現実がある。終章は原発安全対策を進める現場の熱い報告。稼働と廃炉のいずれになろうとも安全確保は優先される課題として貴重である。(純)

PHP研究所 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。