日本の「動画配信」は、どこまで伸びるのか

Netflix上陸、迎え撃つdTVなど百花繚乱

そして、これらの変化を背景に、すべてを変えるきっかけになったのが「スマートフォン」の普及だ。スマートフォンは画面も広く、パソコンと大差ない処理能力を使える。しかも、通信機能は内蔵しており、家庭にインターネット回線があるか否かを問う必要も、難しい接続もない。

いまや、スマートフォンで最も多くパケット通信を使っているのは、ハイテクマニアではなく、ごく普通の10代の若者たちだ。音楽を、ユーチューブやニコニコ動画を経由し、無料で楽しんでいるからだ。

彼らにとって、コミュニケーションもエンタテインメントも、入り口はスマートフォン。1990年代までに生まれた人々が、ごく自然に「テレビ放送」を入り口として選んできたこととは、大きく異なる。家に帰り、暇な時に最初に持つものは、もはやテレビのリモコンではなくスマートフォンである。

テレビの視聴率が下がり、視聴者そのものの高齢化も進み、CMが価値を生みづらくなっている現状では、映像コンテンツの露出を「放送」だけに頼るのではなく、広告ベースや有料によるネット配信に期待するのも当然といえる。

15年10月には、在京キー5局が共同で「TVer」という見逃し配信ポータルを開設したが、その狙いも、ポータルに人を集めること以上に、広告ベースでの配信の基盤を確立し、テレビ局としての収益源にすることが狙いだった。

「下町ロケット」がTVerの追い風に

事実、スタート直後から、TVerは好調と伝えられている。スタートから3週間が経過した11月19日、アプリのダウンロード数が累計100万件を突破している。同時期にTBS系で放送されたドラマ「下町ロケット」の大ヒットにより、見逃し視聴需要が高まったことも追い風であったようだ。

TVerは順調な立ち上がりをみせている

同番組の視聴者は比較的年齢が高く、TVerの狙う「若者の掘り起こしにはつながっていない」との指摘もあるのだが、とにかく、「スマホからテレビ番組へのパス」が明確になってきた点は評価すべきだし、今後につながる動きと考えたい。

話はここで、SVODに戻る。dTVやHuluの利用者が増えたのは、スマートフォンの存在が大きい。スマートフォンから簡単に契約して視聴できて、さらに、時にはテレビでも楽しめる、とわかったからだ。

パソコンというピースが無視されてきたことによる不利が、ようやく埋まった結果、日本でもSVODが立ち上がり、コンテンツにお金が回り始めたのだ。今後は、収益の多角化のために、テレビ局からのコンテンツ提供がより加速することだろう。

次ページ「オリジナル作品制作」で変わる力関係
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。