日本の「動画配信」は、どこまで伸びるのか

Netflix上陸、迎え撃つdTVなど百花繚乱

スマートフォンの普及が動画コンテンツの視聴形態を大きく変えつつある(写真:xiangtao / PIXTA)
Netflixの日本上陸、それを迎え撃つdtvやHuluの動きなどで、今、日本の動画コンテンツが爆発的に増殖しようとしている。日本のビデオオンデマンドの流れを振り返りながら、テレビに課せられた課題と可能性を西田宗千佳氏が論考する。

 

2015年になって、映像配信ビジネスは急速に進歩を遂げている。アメリカでは10年ほど前から定着しており、日本でもビジネスそのものは同時期にスタートしているものの、この期間は試行錯誤ばかりで前に進めなかった、とも言える。

では、その試行錯誤とはどんな状況だったのか? そして、なぜ15年になって急に動き出したのか? その背景を知ることで、映像配信だけでなく、日本の映像産業全体が抱える問題点が見えてくる。

国内2社の積極策でNetflix参入が決まった!?

2月号の特集は『テレビのネット連動20年~テレビはこれからどこへ行く〜』です(上の書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします)

2015年の映像産業にとって、台風の目が「Netflix」であったのは間違いない。全世界で7000万を超える有料会員を持つ、世界最大の映像配信事業者が、9月に日本へ上陸した。

同社の日本参入は、家電業界および映像関連業界では、14年の早い段階から噂されていた。13年からNetflixは海外進出を加速しており、アジア市場への足がかりとして日本市場を考えている……というのがもっぱらの噂であった。そしてそれは事実でありNetflixは14年中に家電メーカーや主だったテレビ局・映画会社などとのコンタクトを取り、参入準備を進めていた。

Netflixは、俗に「SVOD」と呼ばれる形態の映像配信事業者だ。SVODとは「サブスクリプション・ビデオオンデマンド」の略。毎月決まった額を支払えば、サービスに登録された何万本というビデオから、好きなものが見放題になる。アメリカではレンタルDVDを駆逐し、ケーブルテレビを追いかけ、世帯普及率が4分の1を超えるまでに成長している。夜のゴールデンタイムには、アメリカのインターネット・トラフィックのうち、4割弱がNetflixへのアクセスで占められるほどになっている。

次ページ日本勢の対応は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT