日本の「動画配信」は、どこまで伸びるのか

Netflix上陸、迎え撃つdTVなど百花繚乱

映像を見るための機器として、テレビはいまだ最も優れた機器である。だが、ネットを使う機器としてはそうではない。技術が未熟だった2000年代ではなおさらだ。テレビでネットを見る際の動作速度は遅く、手順は面倒だった。文字入力など苦痛以外の何物でもない。

そのなかで、会員登録をし、作品を探し、クレジットカードの番号を入れて決済する、という手間を日常的にこなしてくれる人は、どのくらいいることだろうか? レンタルビデオ店に行って、DVDを借りてきたほうがよほど楽だ。

一方アメリカでは、そうした状況とは別の論理でビジネスが広がっていた。パソコンをベースとしていたためだ。日本と違いアメリカでは、家庭へのパソコン普及率が高い。しかも、日常的に活用されていた。著作権者の側も、「パソコンは違法コピーの温床だ」と無下に拒否することもなかった。

アップルやアマゾンがプラットフォーマーとして力をつけた結果、決済も彼らに任せれば簡単になった。それとは別に、ケーブルテレビ網でのスポーツを中心としたビデオオンデマンドは定着しており、「配信はディスクとは別の、もうひとつのビジネス」という認識ができていた。

だからこそ、Netflixのような事業者が出てきても、コンテンツ提供を必要以上に渋ることはなかった。もちろん提供価格や戦略の面で相容れない部分はあっても、単純にNGというわけではない。そして、パソコンからテレビへ広がり、いまやアメリカでもヨーロッパでも、Netflixをはじめとした映像配信が使えないテレビは売れない状況になっている。

アニメでの配信は先行して定着

ビデオオンデマンドがまったく振るわない、そんななか、日本でもじわじわと定着していったジャンルがある。アニメだ。

アニメについては、2つの側面で考える必要がある。

まず第一に、例外的に「テレビ視聴」がうまくいきつつあったということがある。08年にソニー・コンピュータエンタテインメントが同社のゲーム機「PlayStation」シリーズ向けに映像配信をスタートしており、アニメを中心に利用が広がっていた。ゲーム機は動作速度が速くて快適であり、決済方法もシンプルになるよう工夫されている。

そのため、アクトビラが陥ったジレンマとは無縁だった。ゲームとアニメという世界が近しく、利用者の親和性が高かったこともあったろう。ゆっくりとではあるが利用が増え、12年頃には、高画質な状態でいち早く見られることをウリに、ガンダムや宇宙戦艦ヤマトなどのドル箱シリーズの「プレミアム配信」では大きな利益を得られるようになっていた。

もうひとつが「テレビの見逃し配信」だ。一般的な番組と違い、深夜に放送されるアニメは、番組そのものがコンテンツであり、キャラクターや映像、関連商品を売るためのCMでもある。だから、見られる人を増やすほうがビジネス上の利益を最大化しやすい。

テレビ東京や独立局、深夜帯に放送されるアニメは、放送されない地域も多いし、録画しないと見づらい。そこで顧客を逃さないためには、ネットでの「見逃し配信」を積極的に行うことが重要だったのだ。そのプラットフォームとしては、ニコニコ動画やユーチューブが選ばれたが、理由は単純で、それが、アニメ視聴者がパソコンの上で見るのに最も適したサービスであったからだ。見逃し配信を行わないと、放送からの違法コピーによる配信が増え続けてしまう、という問題もあった。

次ページスマホの普及がすべてを変えた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT