〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療 

塩田清二著

〈香り〉はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療 塩田清二著

今、医療現場ではにおいに注目が集まっているという。においでがんの痛みが和らいだり、認知症患者の症状が改善したりといった効果が認められる。難治性の疾患や緩和困難な症状に対する代替補完医療として、メディカルアロマセラピーの研究や導入も進んでいる。

香りの成分は脳にどう作用し、体内にどのように吸収されるのか。神経科学の専門家で日本のアロマセラピーの第一人者が、人間のにおいを感じるメカニズムに加え、香りが人体に及ぼす作用をわかりやすく解説する。

国内でもようやく活用され始めたメディカルアロマセラピーについて、症例ごとに精油の効果・効能に関する最新研究を併せて紹介する。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。