2050年の世界 英『エコノミスト』編集部著/東江一紀・峯村利哉訳

2050年の世界 英『エコノミスト』編集部著/東江一紀・峯村利哉訳

日本の経済小国化の近未来予測には慣れっこになった感があるが、本書は根拠を積み上げそれを数字で示す。1962年の段階で日本の経済大国化を予測した経済誌の展望だけに、耳を傾ける価値は大きい。

たとえばこうだ。2050年には世界のGDPの48・1%をアジアが占めるようになるが、日本の凋落は顕著であり、全体の1・9%(10年実績5・8%)を占めるにすぎなくなる。国民1人当たりGDPにおいても、米国を100として58まで下がる。ちなみに韓国は105に豊かさを向上させるという。

本書の関心範囲は広く、経済や人口動向(中国は25年から人口減少へ)にとどまらない。技術や科学の進化、女性の地位、病気治療、兵器高度化、環境問題などを含む20分野にわたる。もともとなぜそう考えるかの記事内容を得意とする経済誌だけに、予測結果そのものより根拠分析に将来を考えるためのヒントが多く、学べるといえそうだ。

文芸春秋 1837円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。