プロ野球「トライアウト」一発逆転勝負の本質

新ルールは挑戦者にどんな影響を与えたのか

トライアウトに臨む選手たちの表情はきつく険しい。『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち~』は12月30日(水)夜10時からTBS系列で放送(フェイスブックページはこちら

そして、トライアウトを語るうえで、キャッチャーの目線から見える風景をぜひ伝えておきたい。

まず、私のときは投手が打者4人と対戦して代わるというルールであった(今年は投手1人が3人と対戦)。これは、かなり忙しく投手が交代する。つまり、サイン合わせをしている時間がほとんどない。

見たことも、対戦したこともない投手と、マウンドでサインを合わせて、いきなり本番を迎える。スライダーがどういう軌道で曲がるのか、フォークがどこまで落ちるのか、全くわからない。

力と力が純粋にぶつかり合う美しい勝負

それに、投手にとっても、打者にとっても、これが野球人生最後の”勝負”になる可能性が高い。カウントが1-1から始まる性質上、変化球中心に配球を組み立てれば、かなりの確率で抑えられる。しかし、それで投手が納得するだろうか。

「悔いの残らない方を選ぶ」

これに尽きる。アウトコースにストレートと、いちばん良い(であろう)変化球。その2つのサインだけを出し、あとはボールを止めるだけ(それはまるでゴールキーパーのように)。非常に特殊だが、その分、余計な駆け引きはいっさいなく、力と力が純粋にぶつかり合うというなんとも美しい勝負の世界があった。

そう、勝負に挑む男の姿は美しい。それはプロ野球の醍醐味のひとつといえるだろう。

(文:高森 勇旗/元横浜DeNAベイスターズ選手)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。