プロ野球「トライアウト」一発逆転勝負の本質

新ルールは挑戦者にどんな影響を与えたのか

しかし、このルールの場合、早い段階で戦力外通告を言い渡された選手のほうがはるかに動きやすい。球団の都合上、ドラフトやトレード、契約更改が終わった後に選手を獲得することは難しい。

つまり、戦力外を受けた選手を獲得する意思決定は早ければ早い方がお互いにとって良い。こういった経緯から、戦力外通告を発表する日と、トライアウトを実施する日を統一したのである。ちなみに、戦力外通告発表の解禁日は10月1日である。

ルール変更で開催回数が2回→1回へ

前置きが長くなってしまったが、このトライアウトのルールが今年から変更された。戦力外通告を受ける選手は全国にいるため、例えば東京のみで開催する場合、広島や福岡の選手に不公平感が出ることや、開催球団の持ち回りの都合上により、例年は西日本と東日本で1回ずつ、計2回の開催だった。それが、今年は静岡県草薙球場で1回のみの開催となった。

2015年のトライアウトに挑んだ選手たち。最後の望みを賭けた戦いだ。『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち~』は12月30日(水)夜10時からTBS系列で放送(フェイスブックページはこちら

そして、開催回数以外にも、ルールの変更がなされた。これまでは、カウント1-1(1ボール-1ストライク)から始まる試合形式のような勝負だったが、今年はカウント0-0から始まる本来の形になった。これらのルール変更は、トライアウトを受ける側にどのような影響をもたらすのか。

まず、開催回数について触れていこう。

結論から言えば、変更は選手にとってプラスに働くものだったはずだ。
「チャンスが減ったのに?」と思われる方も多いだろうが、私は実際に2回のトライアウトを受験した元当事者として、そう思うのだ。

トライアウトを経てNPBに復帰できるのは、ほんの一握りしかいない。ここ5年間の復帰者の数は以下の通り。

2011年…1回目59人受験→ 7人復帰 2回目27人受験→ 復帰0人
2012年…1回目56人受験→ 6人復帰 2回目16人受験→ 復帰0人
2013年…1回目65人受験→ 7人復帰 2回目15人受験→ 復帰0人
2014…1回目59人受験→ 11人復帰 2回目18人受験→ 復帰0人
2015年…47人受験→ 5人復帰

 

第1回のトライアウト後にどこからも声がかかることなく、第2回後に再契約に至るというケースは、極めてまれである。正直に言えば、2回目を受験する選手達は、心のどこかでそれをわかっている。実際に私も、2回目への参加のモチベーションは非常に難しかった。

それでも戦力外通告を受けた選手たちが、2回目のトライアウトを受けるのはなぜか。

次ページカウント0-0の勝負が意味するのは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。