生活保護の謎 武田知弘著

生活保護の謎 武田知弘著

人気お笑い芸人の親族の受給問題を契機に、生活保護について関心が高まっている。不正受給が問題になる一方、貧窮しているにもかかわらず生活保護を受給できずに餓死したり自殺したりするという事件も少なくない。国税庁で税金徴収の実務に当たっていた著者は「今の生活保護制度は、これを騙し取ろうとする者にとっては非常に便利で、本当に困っていて助けが欲しい者には非常に不便な制度」と基本的な問題を指摘する。

生活保護費の半分以上は医療費であること、生活保護予備軍が数千万人単位で存在することなど、案外知られていない生活保護に関する問題点や基礎知識をわかりやすく解説。現行制度の実態と矛盾を明らかにする。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。