生活保護の謎 武田知弘著

生活保護の謎 武田知弘著

人気お笑い芸人の親族の受給問題を契機に、生活保護について関心が高まっている。不正受給が問題になる一方、貧窮しているにもかかわらず生活保護を受給できずに餓死したり自殺したりするという事件も少なくない。国税庁で税金徴収の実務に当たっていた著者は「今の生活保護制度は、これを騙し取ろうとする者にとっては非常に便利で、本当に困っていて助けが欲しい者には非常に不便な制度」と基本的な問題を指摘する。

生活保護費の半分以上は医療費であること、生活保護予備軍が数千万人単位で存在することなど、案外知られていない生活保護に関する問題点や基礎知識をわかりやすく解説。現行制度の実態と矛盾を明らかにする。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。