航空大革命 10年後に航空市場が倍増する 秋本俊二著

航空大革命 10年後に航空市場が倍増する 秋本俊二著

世界的に航空業界の再編が進み、日本でも格安航空会社の就航が相次いでいる。技術やサービスの進化により便利で快適になる、航空界の現状と近未来の姿を解説する。

エアバス社の最新の航空機市場予測によると、2030年までに新たに2万7800機の旅客機が世界で必要とされ、年間旅客輸送量は現在の2倍以上になるという。ただし、国や地域によってバラツキが当然出る。日本はどうか。これからの10年間、経済成長は横ばいでも、意外に旅行需要は根強い。この結果、微増が続く、と著者は見込む。

顧客の上位2割で全収益の80%を稼ぐ構造、マイレージサービスがなくならない理由など、航空界最新事情も併せて披露する。

角川oneテーマ21 960円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。