航空大革命 10年後に航空市場が倍増する 秋本俊二著

航空大革命 10年後に航空市場が倍増する 秋本俊二著

世界的に航空業界の再編が進み、日本でも格安航空会社の就航が相次いでいる。技術やサービスの進化により便利で快適になる、航空界の現状と近未来の姿を解説する。

エアバス社の最新の航空機市場予測によると、2030年までに新たに2万7800機の旅客機が世界で必要とされ、年間旅客輸送量は現在の2倍以上になるという。ただし、国や地域によってバラツキが当然出る。日本はどうか。これからの10年間、経済成長は横ばいでも、意外に旅行需要は根強い。この結果、微増が続く、と著者は見込む。

顧客の上位2割で全収益の80%を稼ぐ構造、マイレージサービスがなくならない理由など、航空界最新事情も併せて披露する。

角川oneテーマ21 960円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT