部下を育てるにはただ「見ている」だけでいい

あれやこれやのテクニックより大事なこと

小さな子どもはよく、公園で遊んでいるときに、親に対して「見ててね!」と視線を要求します。子どもにとって、見られている、ケアされている、注意を払われているというのは、なによりのご褒美。相手の目の中に自分が存在していることを感じられれば、それだけでモチベーションを高めるのです。

彼ら・彼女たちは、「ほめてね」「叱ってね」「アドバイスしてね」とは言いません。ただ単に「見てる」ことを要求するのです。こちらが見てさえいれば、自分で勝手に試行錯誤を重ね、いつまでも飽きずに努力を続け、結果的にパフォーマンスを上げる。それが子どもの才能であり、人間の本質というものです。

大人であっても、本質は同じ

逆に言うと、オトナ側=指導する側は、見てさえいればいいわけです。あれこれ言う必要はなく、真剣に見ていればいいのです。きちんと見る。「見ている」ということを伝える。このことが、相手にとってどれだけエネルギーを与えるか。

具体的には、見たことそのままを声がけするというテクニックが有効です。赤ちゃんに対して母親たちがどういうコミュニケーションをしているかというと、「立った!」「笑った!」「食べた!」と、行動をそのまま伝えていることが多いのです。凝った言い回しは不要で、それだけで十分、相手には「見ている」ことが伝わるというわけ。

さて、これらの考え方をビジネスに応用するなら、上司は部下を「見て」さえいればいいと言えるでしょう。

日々の仕事ぶりをウォッチし、業務日誌に目を通し、いつも気にかける。ときおり「例のプレゼンすごかったらしいね」「あのアイデア、よかったよ」などと、声をかける。あなたにはいつも注意を払っていますよ、というアピールによって、部下はモチベーションを高めるのです。

巷では「ほめる技術」「叱り方」など、部下のやる気を引き出すためのテクニックが多く語られています。しかしそれらも、きちんと見ていることがベースになります。ろくに見てもいないのに「すごかった」「あれはよくない」などと言おうものなら、かえってモチベーションを下げてしまうことに。それでは「仕事にかまけて子どもの日常について知らないのに、たまに早く帰宅しては説教をして疎まれる父親」と変わりません。

冒頭のドラマの例でも娘は、仕事ばかりで自分のことを見ていない(ように思える)父に対して不満をため込んでいました。涙ながらに「見ててね」と言われた父は、はっと胸を打たれ「当たり前じゃないか!」と叫んでいました。

ねえ、私のこと見てる? ちゃんと見ててね! 目を離さないでね!

そんな、幼児のような、声にならない部下からのアピールを上司としては早めにすくい上げたいものです。手遅れにならないうちに。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT