子ども用のオリジナルスマホを自作してみた

機能もコストも最低限に抑制

子どもに持たせるスマホは、できればコストは低く、必要な機能以外は制限したい……(画像はフェイスブックナビから)

子どもが持つスマホにはGPS機能も欲しいし、アプリダウンロード制限などのセキュリティも気になる。大手キャリアが販売しているジュニアスマホなら、すべての要件を満たしていると思い契約にいってビックリ、キッズ携帯と違って本体の月割り代金と別に月額6000円近くの通信費がかかるという。大人用でもばかにならないスマホ代に、あと1台なんてとんでもない!

ということで、格安SIMとアプリを使って、子ども用のスマホを作ってみました。低ランニングコストと子ども用スマホに求められる機能を加えた自作スマホのセッティング方法をお伝えします。同じ悩みを持つ方々に、読んでもらえるとうれしいです。

子ども用スマホに求めること

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

準備を始める前にまず、子ども用スマホに求めることをまとめてみました。これは子どもの年齢や、家庭の考え方によって内容が変わってくると思いますので、十分に検討して決めてください。

次ページ子ども用スマホに求める5つの条件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。