子ども用のオリジナルスマホを自作してみた

機能もコストも最低限に抑制

子どもに持たせるスマホは、できればコストは低く、必要な機能以外は制限したい……(画像はフェイスブックナビから)

子どもが持つスマホにはGPS機能も欲しいし、アプリダウンロード制限などのセキュリティも気になる。大手キャリアが販売しているジュニアスマホなら、すべての要件を満たしていると思い契約にいってビックリ、キッズ携帯と違って本体の月割り代金と別に月額6000円近くの通信費がかかるという。大人用でもばかにならないスマホ代に、あと1台なんてとんでもない!

ということで、格安SIMとアプリを使って、子ども用のスマホを作ってみました。低ランニングコストと子ども用スマホに求められる機能を加えた自作スマホのセッティング方法をお伝えします。同じ悩みを持つ方々に、読んでもらえるとうれしいです。

子ども用スマホに求めること

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

準備を始める前にまず、子ども用スマホに求めることをまとめてみました。これは子どもの年齢や、家庭の考え方によって内容が変わってくると思いますので、十分に検討して決めてください。

次ページ子ども用スマホに求める5つの条件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT