中国人は、なぜ米国の不動産を狙うのか

購入金額は米国人住宅購入者の3倍以上

テキサス州ダラス郊外で開発中の小規模住宅地。中国本土からの買い手のために設計された邸宅だ (写真:Brandon Thibodeaux/The New York Times)

キャニオン・レイク牧場は、かつては教会の日帰りキャンプに使われていた。その後、水上スキーやバーベキューができる企業の保養施設となった。今では、その43万7000平方メートルの乾いた土地の上をタカが旋回し、地上にはたくさんのアメリカマムシと数匹のコヨーテがいて、建設用のトラックも時々やって来る。

じきに、この牧場は99棟の小規模な邸宅が建てられた住宅地になる。中国本土からの買い手のために設計された邸宅だ。この宅地を開発した北京のビジネスマンのチャン・ロンは、自分の家を建てるために3区画を確保し、古いロデオ場も押さえている。

世界各地でビルや住宅を買う

この高級住宅地は、テキサス州ダラスから北西に56キロメートルほどのところに開発されており、中国人による不動産「爆買い」の最前線となっている。チャイナマネーは世界の不動産市場で影響力を強めており、中国経済の混乱にもかかわらず、中国からの資金の流入は続きそうだ。通貨の引き下げと株式市場の下落により中国の海外での購買力は抑えられたが、一方でそうした不確実な経済状況により、中国の個人や企業は自国以外ならどこにでも投資しようとしている。

ロンドンでは、中国の投資家が裕福な地域の高級マンションや、金融街の高層ビルなどを購入している。カナダでは、バンクーバーの地味な平屋建ての家に100万ドルを支払う。オーストラリアでは、中国の政府系ファンドが9棟のオフィスビルを買い、これはオーストラリアでは史上最大規模の不動産取引の一つとなった。

米国では中国人の住宅購入熱が東西の海岸から始まった。中国人投資家はマンハッタンの高級マンションや、シリコンバレーの豪邸風住宅を、先を争って購入し、大都市の住宅価格を押し上げた。今では、この熱気が米国の内陸部まで広がりつつある。より価格が安く、広さもある地域だ。

中国からの住民のために運転手も配置

キャニオン・レイク牧場に建てられる住宅は、二世帯が住めるようになっている。一世帯分は買い手が住むためのもので、もう一世帯分は高齢の両親用だ。コンシェルジュのサービスがあり、海外から転居してきた人たちのために、インターネット・サービスでの注文や、オンラインの請求書の支払いなどに手を貸す。また運転手もいて、住民がテキサスの高速道路の支線などの仕組みに慣れるまで、住民の送迎を行う。

この住宅地の宣伝用の資料にはこう書かれている。「チャン会長はテキサス州経済の強さを目の当たりにし、いまこそアジアのコミュニティがアメリカンドリームに投資するチャンスを手にするべきだと考えたのです」。

次ページ外国人の住宅購入者のなかで最大のグループに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。