総理の器量 政治記者が見たリーダー秘話 橋本五郎著

総理の器量 政治記者が見たリーダー秘話 橋本五郎著

この国の政治状況を憂える政治記者が、歴代総理にあって最近の総理にないもの、真のリーダーシップとは何なのかを問う。三木武夫から小泉純一郎まで、著者が実際に取材してきた経験から、国民の生命・財産を預かる国家の最高指導者に必要な資質を浮き彫りにしていく。

各人の政治手腕の解説もさることながら、自宅玄関前に支援者からもらったタヌキの置物を大事に飾っていた福田赳夫。「汗は自分でかきましょう。手柄は人にあげましょう」を実行していた竹下登。テレビ番組に気さくに生電話出演してしまう小渕恵三など、彼らの人柄を感じさせるエピソードが興味深い。

今の政治家には気概がないと活を入れる。

中公新書ラクレ 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。