総理の器量 政治記者が見たリーダー秘話 橋本五郎著

総理の器量 政治記者が見たリーダー秘話 橋本五郎著

この国の政治状況を憂える政治記者が、歴代総理にあって最近の総理にないもの、真のリーダーシップとは何なのかを問う。三木武夫から小泉純一郎まで、著者が実際に取材してきた経験から、国民の生命・財産を預かる国家の最高指導者に必要な資質を浮き彫りにしていく。

各人の政治手腕の解説もさることながら、自宅玄関前に支援者からもらったタヌキの置物を大事に飾っていた福田赳夫。「汗は自分でかきましょう。手柄は人にあげましょう」を実行していた竹下登。テレビ番組に気さくに生電話出演してしまう小渕恵三など、彼らの人柄を感じさせるエピソードが興味深い。

今の政治家には気概がないと活を入れる。

中公新書ラクレ 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。