現代素粒子物語 ヒッグス粒子から暗黒物質へ 中嶋 彰著

現代素粒子物語 ヒッグス粒子から暗黒物質へ 中嶋 彰著

現代の宇宙観に決定的な影響を及ぼした素粒子物理学。本書は、これまでの科学が覆るかもしれない大発見となりうる、素粒子物理学の最新トピックをわかりやすく解説する。

「神の粒子」「質量の起源」ともいわれ、話題のヒッグス粒子。半世紀も前にその存在を予言されながら、いまだ発見されていないこの粒子が、スイスとフランスの地下に建設された大型ハドロン衝突型加速器(LHC)によって、ごく近い将来、発見される可能性が高まっているという。世紀の大発見が間近に迫っているのだ。

また、目に見えないにもかかわらず宇宙の中に約23%も存在するとされる謎の“暗黒物質”の正体も推理する。

講談社ブルーバックス 1029円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT