現代素粒子物語 ヒッグス粒子から暗黒物質へ 中嶋 彰著

現代素粒子物語 ヒッグス粒子から暗黒物質へ 中嶋 彰著

現代の宇宙観に決定的な影響を及ぼした素粒子物理学。本書は、これまでの科学が覆るかもしれない大発見となりうる、素粒子物理学の最新トピックをわかりやすく解説する。

「神の粒子」「質量の起源」ともいわれ、話題のヒッグス粒子。半世紀も前にその存在を予言されながら、いまだ発見されていないこの粒子が、スイスとフランスの地下に建設された大型ハドロン衝突型加速器(LHC)によって、ごく近い将来、発見される可能性が高まっているという。世紀の大発見が間近に迫っているのだ。

また、目に見えないにもかかわらず宇宙の中に約23%も存在するとされる謎の“暗黒物質”の正体も推理する。

講談社ブルーバックス 1029円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。