ビッグデータの衝撃 城田真琴著

ビッグデータの衝撃 城田真琴著

「遊んでいる」ビッグデータ探しが盛んだ。それも「オリジナルデータ」を持つとなれば、勝者になれる可能性が高まる。外部データとの掛け合わせで「プレミアムデータ」へと昇華させる道も開かれるからだ。

グーグル、フェイスブック、グリー、DeNA。ネット業界を席巻する企業に共通する成功要因は、実は大量かつ多様なデータの管理・分析力だという。

ハードに加えソフト技術の進展により、データの蓄積・処理コストが大幅に低下し、またクラウドの台頭によって、自前でビッグデータの蓄積・処理環境を用意する必要がなくなった。それに、ソーシャルメディアやセンサーネットワークなどの進展によって、ビッグデータが身近なところから生み出されるようになったことも寄与している。

これら新ビジネスの成長には、優秀なデータサイエンティストの確保と同時に、的確な意思決定ができる経営陣が必要なことを、本書は教える。

東洋経済新報社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。