ビッグデータの衝撃 城田真琴著

ビッグデータの衝撃 城田真琴著

「遊んでいる」ビッグデータ探しが盛んだ。それも「オリジナルデータ」を持つとなれば、勝者になれる可能性が高まる。外部データとの掛け合わせで「プレミアムデータ」へと昇華させる道も開かれるからだ。

グーグル、フェイスブック、グリー、DeNA。ネット業界を席巻する企業に共通する成功要因は、実は大量かつ多様なデータの管理・分析力だという。

ハードに加えソフト技術の進展により、データの蓄積・処理コストが大幅に低下し、またクラウドの台頭によって、自前でビッグデータの蓄積・処理環境を用意する必要がなくなった。それに、ソーシャルメディアやセンサーネットワークなどの進展によって、ビッグデータが身近なところから生み出されるようになったことも寄与している。

これら新ビジネスの成長には、優秀なデータサイエンティストの確保と同時に、的確な意思決定ができる経営陣が必要なことを、本書は教える。

東洋経済新報社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。