日本はなぜ開戦に踏み切ったか 森山 優著

日本はなぜ開戦に踏み切ったか 森山 優著

第三次近衛内閣発足から開戦までの1年4カ月間に、対外軍事方針である10の国策が決定され、その半分は御前会議の形をとった。だがどれも曖昧模糊(あいまいもこ)としていて矛盾だらけ。であればこそ何度もひっくり返され、反故にされている。そんな無責任な国策の積み重ねのうえに開戦は決定されたのだが、政治と軍のリーダーたちがどのような判断と策動により、戦争忌避へ、あるいは早期開戦へと導こうとしたのかが丹念に検証される。特に天皇と海軍の評価が冷静になされているのは説得的だ。

東条首相、嶋田海相、賀屋蔵相、東郷外相が果たした役割の分析も興味深く、彼らのイメージ修正を迫るのも本書の魅力である。対米決戦という結論に至った背景として、決められない議論の進め方と、都合の良い条件と悪い条件をつまみ食いした選択肢の提供という戦略決定の瑕疵(かし)が浮かび上がり、今日的意味が増したといえる。人名索引があればなおよかった。(純)

新潮選書 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。