追い込まれるシャープ、5000人の大リストラ

 

量産難航し商機逃す

戦略製品であるはずの「IGZO液晶」も誤算となった。IGZOは高解像度と低消費電力の特長を持つ新型パネルで、シャープが今年、世界で初めてアイパッド向けに量産を開始した。しかし、アイパッド用パネルを供給するLG、サムスンはIGZOを採用していないため、せっかくのIGZOも、ほかの液晶と同レベルまで性能を落とさざるをえない。

しかもIGZOラインの立ち上げが難航し、現在も歩留りが上がらない。生産コストは高止まりするうえ、生産量が増えないため、アイパッド向けの納入量はLG、サムスンの後塵を拝する。そうこうするうちに、7月下旬からアイパッド用パネル自体が生産調整に入った。

亀山第1も楽観できない。アイフォーン5(仮称)が採用する組み込み式タッチパネルの歩留りが上がらないのだ。同パネルの量産では競合のジャパンディスプレイ、LGも苦戦しているが、ここで後れを取ればダメージは計り知れない。

テレビ用の大型パネルから中小型へのスムーズな移行が、今期の業績改善を下支えするはずだった。そのシナリオに狂いが生じている以上、痛みを伴うリストラは避けられないということだ。

 



(前野裕香 撮影:大隅智洋 =週刊東洋経済2012年8月11-18日合併特大号)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。