翻訳教室 はじめの一歩 鴻巣友季子著

翻訳教室 はじめの一歩 鴻巣友季子著

翻訳は、言葉の置き換えではない。だから訳は一つではないし、「正しい訳」というものもない。

いっとき他人になり、筆者の文章を一語一句に至るまで自ら当事者になって実体験するが、最終的には自分に帰ることで表現される。言い換えれば、「他者の言葉を生き、当事者となってそれを自分の言葉で実践(または再現)する」。それが翻訳だという。

自分以外のものになるのはけっこう難しい。言語の壁、想像力の壁を超えて他者を理解するには、共感に加え、解釈が必要だ。日本語のニュアンスも知らなければならない。

英書翻訳に新風を吹き込む翻訳家が、より深く、能動的に読書することの楽しさ、面白さを併せて語る。

ちくまプリマー新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。