会話が弾まない原因は「脳の使い方」にある!

そのままでは、他人に興味が持てなくなる

たとえば、自己愛が強すぎると感じたら、「他人愛」に自分をシフトさせて人を思いやった行動するようにしたり、言語ばかり使用している生活であれば絵を描いてみるなど、現状とは対極にある行動をしてみるのです。そうすることによって、左脳に偏った脳のクセを、中庸の状態にできます。

しかし、左脳人間をいきなり右脳人間にすることは困難です。まず、使っていない右脳との結びつきを作ることから始めることが大事です。

まずは「見る」ことから始めよう

まずは、とりあえず「見る」ことから始めましょう。じっくり見て分析することをクセにすれば、必ず右脳化するでしょう。表情や場の雰囲気・空気を読もうとする、動植物を育てるなど、目で見て対応することで右脳が刺激されます。イメージを伝えようとするときは右脳ですが、言葉に変換しようとすると左脳が働きます。

右脳化するために、目で理解するようにしましょう。よく観察する、つまり視覚系、理解系、記憶系の3つの脳番地を鍛えると、右脳が刺激されます。

特に旅行は効果的です。新しい場所・未知の場所に行き、感動してエピソード記憶として理解する。旅行をすれば、視覚系、理解系、記憶系の3つの脳番地はすぐ刺激されます。旅行に行く時間のない人は、場所を移動するだけでも効果的です。普段通らない道を歩けば、新しい発見があります。入ったことのない店に入って、店員やお客さんと話してみるなど、新鮮な刺激が右脳の刺激にもなります。

右脳を使わない生活から使う生活へ。右脳を刺激する「脳コンディショニング」を続けることが、年の差がある人との会話が確実にスムースにする効果的な方法なのです。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。