加藤 俊徳
加藤 俊徳(かとう としのり) Toshinori Katou
脳内科医、医学博士、「脳の学校」代表

1961年新潟県生まれ。脳番地トレーニングの提唱者。昭和大学客員教授。1991年近赤外光を用いて脳機能を計測する「fNIRS(エフニルス)」法を発見。1995年からアメリカ・ミネソタ大学放射線科MR研究センターに研究員として従事。帰国後「脳の学校」「加藤プラチナクリニック」を開設し、独自開発した加藤式MRI脳画像診断法(脳相診断)を用いて、小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。脳の成長段階、強み弱みの脳番地を診断し、薬だけに頼らない脳番地トレーニング処方を行う。著書に、『アタマがみるみるシャープになる!脳の強化書』(あさ出版)、『50歳を超えても脳が若返る生き方』(講談社)、『片づけ脳』(自由国民社)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT