加藤 俊徳
加藤 俊徳(かとう としのり)
医学博士、「脳の学校」代表

医師、医学博士。株式会社「脳の学校」代表。加藤プラチナクリニック院長。

14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意する。昭和大学医学部、同大大学院卒業後、1991年、子どもの脳活も計測できるfNIRS法を発見。その後、アメリカ・ミネソタ大学放射線科 MR研究センター、慶應義塾大学、東京大学などで脳の研究に従事。胎児から100歳を超えるお年寄りまで1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析。

2006年、株式会社「脳の学校」を創業。2013年、加藤プラチナクリニックを開設。ビジネス脳力診断、発達障害や認知症の診断・予防医療を実践。

著書に『アタマがみるみるシャープになる‼ 脳の強化書』『アタマがどんどん元気になる‼ もっと脳の強化書2』『まんがで鍛える 脳の強化書』(いずれも、あさ出版)、『脳の学校 ワークブック』(ポプラ社)、『脳が喜ぶ子育て』(世界文化社)、『ゆがみをなおせば、毎日のワクワクを取り戻せる! 脳コンディショニング』(かんき出版)などがある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?