インド洋圏が、世界を動かす ロバート・D・カプラン著/奥山真司・関根光宏訳

インド洋圏が、世界を動かす ロバート・D・カプラン著/奥山真司・関根光宏訳

中国・インドの台頭によって急速に変貌しているインド洋圏は、どこへ向かおうとしているのか。インド洋圏とは、アフリカ東部から、アラビア半島、インドを経て、東南アジア、中国に至る海域。今、世界で最も成長しているエリアだ。もともと古代からモンスーンの風によって結ばれた大いなる交易圏だった。日本では海のシルクロードとして知られる。

米オバマ政権のブレーンであり、ジャーナリストとして知られる著者は、そのインド洋圏各地を訪れ、タペストリーのように織り成される複雑・多層な海域の地政学を、歴史的な裏打ち豊富に披露してくれる。

結局、ベクトルは一様でなく、多極化の方向と読めるが、中でも、インドと中国の間で「戦略的戦場」と化しているミャンマー、スリランカ、「イスラム教の将来を決める国」と指摘されるインドネシアの踏み込んだ記述は説得力十分。「新フロンティア」のダイナミズムは計り知れないようだ。

インターシフト 2730円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT