インド洋圏が、世界を動かす ロバート・D・カプラン著/奥山真司・関根光宏訳

インド洋圏が、世界を動かす ロバート・D・カプラン著/奥山真司・関根光宏訳

中国・インドの台頭によって急速に変貌しているインド洋圏は、どこへ向かおうとしているのか。インド洋圏とは、アフリカ東部から、アラビア半島、インドを経て、東南アジア、中国に至る海域。今、世界で最も成長しているエリアだ。もともと古代からモンスーンの風によって結ばれた大いなる交易圏だった。日本では海のシルクロードとして知られる。

米オバマ政権のブレーンであり、ジャーナリストとして知られる著者は、そのインド洋圏各地を訪れ、タペストリーのように織り成される複雑・多層な海域の地政学を、歴史的な裏打ち豊富に披露してくれる。

結局、ベクトルは一様でなく、多極化の方向と読めるが、中でも、インドと中国の間で「戦略的戦場」と化しているミャンマー、スリランカ、「イスラム教の将来を決める国」と指摘されるインドネシアの踏み込んだ記述は説得力十分。「新フロンティア」のダイナミズムは計り知れないようだ。

インターシフト 2730円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。