ビジュアルディクショナリー 英和大事典 ~DK&日東書院本社編集部編

ビジュアルディクショナリー 英和大事典 ~DK&日東書院本社編集部編

宇宙動植物人体・乗り物・建築・音楽・スポーツなど14分野、294項目にわたって見開き2ページの詳細な図絵が続き、部品、部位、構成など3万語が日英2カ国語で紹介されている。たとえば蒸気機関車なら煙室、煙管、注油器、注油管、吐出管、加減弁など40の部分が断面図によって説明される。旧型自動車も複葉機も帆船も同様で、絵を見て言葉や構造を知るのもよく、言葉からたどって絵を見るのも楽しい。

ハッブル望遠鏡、タブレット端末、GPS、デジカメなど最新技術も多彩で、ホンダのアシモ、ニコンのカメラが登場する。英国の事典を翻訳しただけにテーマが欧米視点なのは当然とはいえ、西洋絵画・楽器・建築が詳細なのに、浮世絵、民族楽器、社寺建築が無視されているのは残念だ。ついでにいえば食のテーマもあればよかった。英和・和英辞典としても利用価値は高く、精密かつ良質な多数の絵が本書の価値を一段と高めている。(純)

日東書院本社 5775円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT