ビジュアルディクショナリー 英和大事典 ~DK&日東書院本社編集部編

ビジュアルディクショナリー 英和大事典 ~DK&日東書院本社編集部編

宇宙動植物人体・乗り物・建築・音楽・スポーツなど14分野、294項目にわたって見開き2ページの詳細な図絵が続き、部品、部位、構成など3万語が日英2カ国語で紹介されている。たとえば蒸気機関車なら煙室、煙管、注油器、注油管、吐出管、加減弁など40の部分が断面図によって説明される。旧型自動車も複葉機も帆船も同様で、絵を見て言葉や構造を知るのもよく、言葉からたどって絵を見るのも楽しい。

ハッブル望遠鏡、タブレット端末、GPS、デジカメなど最新技術も多彩で、ホンダのアシモ、ニコンのカメラが登場する。英国の事典を翻訳しただけにテーマが欧米視点なのは当然とはいえ、西洋絵画・楽器・建築が詳細なのに、浮世絵、民族楽器、社寺建築が無視されているのは残念だ。ついでにいえば食のテーマもあればよかった。英和・和英辞典としても利用価値は高く、精密かつ良質な多数の絵が本書の価値を一段と高めている。(純)

日東書院本社 5775円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。