地球上の水は循環し決してなくならない--『水危機 ほんとうの話』を書いた沖 大幹氏(水文学者、東京大学生産技術研究所教授)に聞く

地球上の水は循環し決してなくならない--『水危機 ほんとうの話』を書いた沖 大幹氏(水文学者、東京大学生産技術研究所教授)に聞く

巷間にあふれる水に関する誤解や思い込みを、「水文学(すいもんがく)」の立場から正すという。これだけは知っておきたい“水に流せない話”とは。

──「水文学」の研究者とあります。

水にまつわる森羅万象を研究対象としている。天文学が「天(宇宙)」のすべてに関する学問であり、人文学が「人」に関するすべてを扱うのと同様だ。それだけ、水に絡むことには何事でも関心がある。

──水ブームです。

世界で水需要が増え、水ビジネスも伸びている。水ブームは仕掛けられたところがある。それがうまくいって、世界的に盛り上がっている。水道水とPETボトルの水を同じ量で比べると、約1000倍の価格差があるが、共に成り立っている。

──海洋深層水も売り物になっています。

海洋深層水を真水だと思っている人は多いのではないか。塩水の深層水を脱塩すると、せっかくのミネラルも全部なくなってしまう。後で足したりしているが、それではコストが高くなる。今はほとんどの場合、塩水のままちょっとだけ入れる。発泡酒などに味付け程度として。

──地球上の水の97・5%は海水だと習いました。

それは、約97・5%は塩水だというなら正しい。その塩水の計算は、海洋下にたまっている地下水、それに塩水湖の水を加えたもの。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT