将来への布石は打った、現場力向上で成長軌道へ--富士フイルムホールディングス会長・CEO 古森重隆

将来への布石は打った、現場力向上で成長軌道へ--富士フイルムホールディングス会長・CEO 古森重隆

デジタルカメラの出現で、利益の大半を占めていた写真フィルム事業が急速に縮小。このため二度の構造改革を断行、新分野へ大胆に舵を切った。一連の改革の陣頭指揮を執ったのが、6月末に富士フイルムホールディングス会長・CEO(最高経営責任者)に就任した古森重隆氏。「本業消失」という最大の経営危機を乗り越えた今、次は何を目指すのか。

──6月末から中嶋成博社長・COO(最高執行責任者)との新経営体制になりました。

経営力をさらに強化することが狙いです。今まで断崖絶壁を一人で登っていたのが、ザイルで結ばれた仲間が増えたような感じもしますね。もちろん、もう疲れたので権限を移しますということではありません。まだまだやる気十分です(笑)。

──経営戦略の大きな方向性は、今までどおり会長が決められると。

これまで、社長として会社が進むべき成長分野を確定し、将来への布石を打ってきました。その分野は、デジタルカメラなどのイメージング事業、医療診断機器などのメディカル・ライフサイエンス事業、印刷機器関連事業、液晶用フィルムなどの高機能材料事業、携帯電話のカメラモジュールなどの光学デバイス事業、子会社の富士ゼロックスが手掛けるドキュメント事業の六つ。われわれが競争力のある製品を提供できる分野です。

事業確立という第1段階が終わり、これからは、厳しい経営環境の中で各事業を伸ばす第2段階です。欧州経済の低迷が実体経済に反映され、消費者心理の冷え込み、株価の下落、円高等の問題が起きています。原材料価格の高騰も問題です。

厳しい経済環境の中、経営努力をしていかないと、会社の経営を安定した成長軌道に乗せることはできません。第1段階で行った戦略的な投資の中で、欠けているパズルのピースをどう補強していくか。これも第2段階の大きな仕事です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT