「リケ女」に負けるな!文系も製造業を選ぼう

JFE、キングジムで活躍する「メーカー女子」

メーカーで活躍する文系女子が増えています(写真:tooru sasaki /PIXTA)
就職先を考える際、文系学部の学生の中には「理系出身でないと、メーカーに入るのは難しい」「入社しても重要な仕事を任せてくれないのでは」と思い悩むケースがあるようです。編集部にも学生の皆さまから「文系学部出身でメーカーの内定は取れるのですか」といった質問が寄せられたことがありました。
特に文系の女子学生の間には、「メーカー難関説」にバイアスがかかっているように見えます。ところが、製造業の企業を取材してみると、文系女子の活躍する姿を多く目にします。女子学生から「それって本当?」と、疑問の声が聞こえてきそうですね。そこで今回は「リケ女(リケジョ)」ばかりではない、メーカーで生き生きと働く文系女子の採用をめぐる最新情報をお届けします。

鉄鋼メーカーも文系女子を採用したい!

日本を代表する大手鉄鋼メーカーのJFEスチール。お堅いイメージのある鉄鋼会社ですが、文系女子の採用について同社の組織人事部採用・育成室の植田充主任部員に尋ねたところ、意外な答えが返ってきました。

「当社では、2006年頃から女性の積極採用を進めており、応募者も増えてきています。ここ数年の実績では文系出身者40人程度の採用のうち、約4割が女性です」。植田主任部員はさらに、「文系学生もメーカーを就職志望先として視野に入れてほしい」と強調します。

「現場のメインストリームは理系で、文系はサポート役にしかなれないという誤解があるかもしれません。実際は文・理の出身者がともに同じ方向を向いてビジネス展開していくのが、メーカーの醍醐味です。文系であってもメーカーでの活躍の場は十分にあります」(植田主任部員)

次ページキャリア積む国立系の文系女子
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。