「リケ女」に負けるな!文系も製造業を選ぼう JFE、キングジムで活躍する「メーカー女子」

✎ 1〜 ✎ 68 ✎ 69 ✎ 70 ✎ 最新
拡大
縮小

望月真希子さんは私立系大学でライフデザインを学び、2011年4月に新卒入社。翌月から商品開発部に配属が決まり、今日までクリエイターとして活躍しています。

「学生時代に、スケッチの授業に使う文具品にこだわっていたこともあり、自然と文具メーカーを志望しました。開発が第一希望でしたが、営業職にも興味があったことを覚えています」(望月さん)

配属当初は電子文具を扱う部署で開発サポートを担当し、その後にクリエイターとして活躍しています。最初に小型のスタンドスキャナ「デスクショット」を開発し、2014年秋からはファイルなど非通電商品を扱う部署へ。これまでに望月さんは、女性向け文具でノリ付き付箋「暮らしのキロク」、シールなどを収納する「オトナのシールコレクション」を手がけました。

「SNSに画像がアップされ、ユーザーの評価をダイレクトにキャッチできるのが、この仕事の面白い点だと思います。キングジムには女性向けの商品が少なく、もっと増やしていきたい」と望月さん。

リサーチを兼ねて、頻繁に雑貨店に足を運び、トレンドを研究。週1回行われる課内のミーティングでも、積極的にアイデアを出し、プレゼンも行います。チームを組む際は文・理出身者が一堂に集まり、両者が得意な分野をアドバイスし合うことで、相乗効果も生まれるようです。

望月さん、岡本さんからアドバイス

「就活の時は、いろいろな会社を見るべき。何が自分に合っているかわからず、幅広く接することで、考えもつかなかった業界で働きたいと気付くかもしれません」(望月さん)。

「メーカーを志望するなら、入社したいとアピールするだけではなく、『これを売りたい』『こういったモノを作りたい』など、具体的なビジョンも伝えて欲しいです。面接担当者が学生の働く姿をイメージできたなら、成功したようなもの。志望動機の一歩先を掘り下げ伝えることで差が付きます」(岡本さん)

開発担当者には技術だけではなく、関連部署や取引先との調整役も求められます。コミュニケーションスキルが高いとされる文系出身者には、そういった点も期待されています。

 

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT