一週間はなぜ7日になったのか 柳谷 晃著

一週間はなぜ7日になったのか 柳谷 晃著

古代の為政者にとって、理系の頭脳を持ち合わせていることが必要条件だったと、数学者である著者は言う。

たとえば、古代の人たちは、作物の種をまく時期を知るために暦を作った。正確な暦を作るには、地球と太陽の位置関係を理解し、垂直に立てた棒の影の位置から時間を計算できる必要がある。こうした能力の高さが、政権維持に重要だったというのだ。

本書は、このような例を挙げながら、なぜ数学が発達していったのかを解き明かしていく。表題の疑問のほか、ピラミッドに秘められた黄金比と宇宙観、なぜアラビア数字が計算に使われるのかなどに解説は広がる。自然を理解したいという欲求が、科学の発展を促した事実が示される。

青春新書インテリジェンス 970円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。