一週間はなぜ7日になったのか 柳谷 晃著

一週間はなぜ7日になったのか 柳谷 晃著

古代の為政者にとって、理系の頭脳を持ち合わせていることが必要条件だったと、数学者である著者は言う。

たとえば、古代の人たちは、作物の種をまく時期を知るために暦を作った。正確な暦を作るには、地球と太陽の位置関係を理解し、垂直に立てた棒の影の位置から時間を計算できる必要がある。こうした能力の高さが、政権維持に重要だったというのだ。

本書は、このような例を挙げながら、なぜ数学が発達していったのかを解き明かしていく。表題の疑問のほか、ピラミッドに秘められた黄金比と宇宙観、なぜアラビア数字が計算に使われるのかなどに解説は広がる。自然を理解したいという欲求が、科学の発展を促した事実が示される。

青春新書インテリジェンス 970円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。