欧州のエネルギーシフト 脇阪紀行著

欧州のエネルギーシフト 脇阪紀行著

原発依存から再生可能エネルギー、省エネルギーに重点を置く体制への転換を進めようとする欧州各国の現状を、新聞記者がリポートした。

昨年6月、ドイツは脱原発宣言をし、2022年までに順次閉鎖していくことを決めた。原発大国であるフランスも、オランド政権が原発依存度を下げていくことを公約として掲げている。

しかし、EUのエネルギーシフト戦略は、決して一様ではない。各国の「現場」を歩いてきた著者は、その国が置かれた自然条件や歴史、国民性などによって、エネルギー政策が驚くほど異なることを報告している。

さまざまに揺れるEUの姿から、21世紀のエネルギー政策の課題を浮き彫りにする。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。