未来を発明するためにいまできること ティナ・シーリグ著/高遠裕子訳

未来を発明するためにいまできること ティナ・シーリグ著/高遠裕子訳

米国の著名発明家の言葉に「未来を予想する最善の方法は、未来を発明することである」というものがある。本書のタイトルはその言葉に由来する。そして、その発明の核心にあるのがクリエーティビティ、つまり創造性だという。

クリエーティビティは学べるものなのか、とかく半信半疑になりがちだが、「イノベーション・エンジン」という独自の概念で整理されると、納得させられる。キーワードは、「内なる世界」と「外的世界」の二つにくくられた六つの要素。内なる世界は知識、想像力、姿勢でとらえられ、外的世界については資源、環境、文化が重要な構成要素となっている。

その六つの要素をうまく組み合わせることで、眠っている各自のクリエーティビティをたたき起こすことは可能と、具体例豊富に説明される。いわば「夢とやる気」があれば、ほとんどの人にクリエーティビティの大いなる可能性があるように思えてくるから不思議だ。

阪急コミュニケーションズ 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT