未来を発明するためにいまできること ティナ・シーリグ著/高遠裕子訳

未来を発明するためにいまできること ティナ・シーリグ著/高遠裕子訳

米国の著名発明家の言葉に「未来を予想する最善の方法は、未来を発明することである」というものがある。本書のタイトルはその言葉に由来する。そして、その発明の核心にあるのがクリエーティビティ、つまり創造性だという。

クリエーティビティは学べるものなのか、とかく半信半疑になりがちだが、「イノベーション・エンジン」という独自の概念で整理されると、納得させられる。キーワードは、「内なる世界」と「外的世界」の二つにくくられた六つの要素。内なる世界は知識、想像力、姿勢でとらえられ、外的世界については資源、環境、文化が重要な構成要素となっている。

その六つの要素をうまく組み合わせることで、眠っている各自のクリエーティビティをたたき起こすことは可能と、具体例豊富に説明される。いわば「夢とやる気」があれば、ほとんどの人にクリエーティビティの大いなる可能性があるように思えてくるから不思議だ。

阪急コミュニケーションズ 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT