未来を発明するためにいまできること ティナ・シーリグ著/高遠裕子訳

未来を発明するためにいまできること ティナ・シーリグ著/高遠裕子訳

米国の著名発明家の言葉に「未来を予想する最善の方法は、未来を発明することである」というものがある。本書のタイトルはその言葉に由来する。そして、その発明の核心にあるのがクリエーティビティ、つまり創造性だという。

クリエーティビティは学べるものなのか、とかく半信半疑になりがちだが、「イノベーション・エンジン」という独自の概念で整理されると、納得させられる。キーワードは、「内なる世界」と「外的世界」の二つにくくられた六つの要素。内なる世界は知識、想像力、姿勢でとらえられ、外的世界については資源、環境、文化が重要な構成要素となっている。

その六つの要素をうまく組み合わせることで、眠っている各自のクリエーティビティをたたき起こすことは可能と、具体例豊富に説明される。いわば「夢とやる気」があれば、ほとんどの人にクリエーティビティの大いなる可能性があるように思えてくるから不思議だ。

阪急コミュニケーションズ 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。