就活に役立つ!「会社四季報」使いこなし術【第1回】--読み方を知ればこわくない!3600社の基本情報が一目瞭然

 

会社四季報をざっと見ただけで、これだけの情報が分かるのです。志望する企業をインターネットで1社1社調べて、ホームページにたどり着き「会社概要」を探すことを考えると、手間は本当に小さいです。3600社も掲載していますから、「こんな企業があるのか」という発見もできます。

「会社四季報は読みこなすのに、マニュアルが必要」と言われるのですが、逆に言えばこれは初心者が敬遠しているという意味。裏返せば、読み方さえ分かれば、就活で一歩差をつけることも可能になるかもしれません。

この連載では、実際に会社四季報に記事を書いている東洋経済新報社の現役記者が主に就活生を対象にして、会社四季報をどのように使いこなせばいいかを伝授していきます。全部で10回を予定しています。連載と会社四季報を一緒に読んでもらえれば、会社選びの基礎が身につくことうけあいです。毎週木曜日に掲載予定です。

第2回<<情報の裏側を読み解け
第3回<<3つの数字で会社の大きさを測ろう
第4回<<志望企業は儲けている?
第5回>>業界・企業で給料はこんなに違う
第6回>>会社の健全性を見極めよ!
第7回>>時価総額で分かる会社の値段
第8回>>会社は誰のもの?
第9回>>業界地図を活用しよう

就職四季報プラスワンは>>こちら

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。