なぜタイで人気?意外な地方都市の「営業力」

人気なのは、有名観光地だけではなかった!

今回のイベントに向けて、和歌山県が用意していたパンフレットは1200部。しかし、初日で600部が消え、小出しにした2日目にも400部が無くなった。

魚井さんは、もうひとつ力を入れてきたことがあったと話してくれた。メディアを使った広報戦略だ。

日本での知名度=タイ国内の知名度ではない

「今回の大盛況は、タイのメディアや旅行会社の力なのではと感じました。タイの旅行業者を呼んで、和歌山の魅力を伝えることはもちろん、テレビ局や雑誌社にもアピールを続けてきたので。地上波の旅番組の力は大きいですよ。今月下旬には、タイでいちばん大きなテレビ局の番組も取材に来る予定です」

今回の取材でも、タイ人観光客が意外な地名を知っているということは多かった。それは、テレビの旅番組などの影響が大きいという。

和歌山県も2回ほど取り上げられたのは、”SUGOI JAPAN”という名前の旅番組。タイで有名な日本人俳優・佐野ひろさんが、日本の地方を回り、体当たりでお店や観光地を紹介していくという内容だ。日本人でも知らないような場所も出てくるのだが、そこに魅力を感じるタイ人が確実に増えている。

今回の取材を通じて、日本で有名な観光地だけでは物足りない、リピーターのタイ人たちがすでに多くいること、知名度が低くても、うまくアピールすることで多くの観光客を呼び寄せる自治体があることがわかった。その鍵を握るのは、誘致企画の切り口と、タイまで自ら出向いてアピールするフットワークの軽さ。今後はさらに、タイ人に大人気だという意外な観光名所が出てくるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。